「臭いおなら」や「げっぷ」が出てしまう人におすすめの乳酸菌サプリ

おならだけでなく、お腹がグルグルなったり、ゲップが出やすい、胃の不快感がある人は、呑気症が原因の可能性が高いです。

通常、人間はご飯を食べるときにも空気を一緒に吸い込んでいます。その空気が許容範囲を超えると、上記のような症状となってでてきます。

空気が入る原因としては、

  • 早食いや大食い
  • コーラなどの炭酸飲料の飲みすぎ
  • 飴やガムを良く食べる
  • 歯のかみ合わせが悪い

があります。

ガスの内容は腸内で発生したガスが30%、鼻や口を通じて腸内に入ってきた空気が70%で、腸内に発生したガスは、善玉菌由来の二酸化炭素や窒素と悪玉菌由来のメタンガスで成り立っています。

そのため、まず「空気を体に入れない事=必要以上に唾を飲み込まない」を意識してみましょう。

特に早食いは空気を呑み込んでしまいますので、よく噛んで唾液と食べ物を混ぜることで空気を抜くことができます。

呑気症の対策


腸内に鼻や口から入ってきた空気と腸内細菌から発生したガスが音を鳴らしながら肛門の外に出ていきます。

この現象は自然な生理現象であって、誰にも起きることです。

ただ、日本人は姿勢が悪いせいや、筋力の低下により腸が落下したりして、腸の位置がおかしい人が多くいます。その場合は、布団の上などで横になって腸をマッサージしてガス抜きをしてあげましょう。大腸の曲がり角にガスがたまるので、そこを重点的にマッサージしてあげるのが良いです。

臭いおならは悪玉菌が多い


本来、おならは、ガスの成分が二酸化炭素と窒素なので無臭なんですが、悪玉菌が増えると、臭いのきつい有害なメタンガスを含んだおならが出てくるため、おならが臭くなります。

臭いオナラの成分は、「インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素」になりますが、肉などの動物性たんぱく質と悪玉菌によって発生します。

肉類などのたん白質の摂り過ぎ、ストレス、便通、冷え性、野菜不足、睡眠不足などにより腸内環境が乱れも原因の一つです。

おなら、特に臭いおならが出にくい身体にするためには?


臭いオナラは、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、アミンが多い

ニオイのないオナラは、二酸化炭素、窒素、メタン、酸素が少ない

臭いおならが出にくい身体つくりは、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことで実現できます。

対策としては、善玉菌のエサになる「乳酸菌」を十分に摂取することです。

臭いオナラをなくす方法
  • ・善玉菌を増やす乳酸菌食品(ヨーグルト・味噌・納豆など)を摂る
  • ・食物繊維を多く含む食品(ゴボウ・イモ類・マメ類・海藻・キノコ類など)
  • ・オリゴ糖を含む食品(バナナ・大豆など)を摂る

上記の食品をみるとわかるように、洋食よりも和食メニューに善玉菌を増やす食品が多く入っています。

ただし、こういった食品を食べるのは大変ですし、特に体質によっては、ヨーグルトや納豆でおならが出やすくなる人もいます。

また、乳酸菌は胃の酸で殺されやすいので、腸まで届く「乳酸菌サプリ」を摂取するのがおすすめです。

おならを改善する生きて腸まで届く乳酸菌サプリ
ページトップ