腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?

  • 小腸や大腸の不調を何とかして改善したい。
  • 腸の動きが悪いので、活性化させたい。
  • 腸が重いので整腸作用があるものですっきりさせたい

そんな人のために腸に優しく、腸を整えて綺麗にする整腸作用があるおすすめの飲み物を紹介しますね。

ヨーグルトドリンクを飲めばいい?

まず、腸を綺麗にするには、善玉菌となる乳酸菌を摂る必要があります。

お手軽という意味では、ヨーグルトドリンクを飲めば乳酸菌が取れますね。
ヨーグルトに入っているのは、動物性乳酸菌のため、胃液で死滅してしまい大腸の奥まで届きにくいのですが、溶けた乳酸菌の死菌も腸で腸管免疫に刺激を与えるので問題ありません。

ただし、ヨーグルトで気になるのが「糖質」です。市販のヨーグルトドリンクの多くは、飲みやすいように甘味が加えてあるものが多いので、果糖のヨーグルトはカロリーが高めになってしまうのと、血圧が高くなるためあまりお勧めはしません。

甘さがない砂糖不使用のヨーグルトを選んで飲みましょう。

ヨーグルト+オリゴ糖は腸に2倍良い


そして、ヨーグルトにプラスしたいのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は、腸内で吸収されないので、善玉菌のエサになって腸の悪玉菌が有害物質を作るのを防ぐのと、スムーズな排便を助けてくれるんですね。

便通などで悩んでいる、おならが出やすい、腸の病気などで少しでも良いものを摂りたいと悩んでいる人にはオススメです。

オリゴ糖の効果


  • 便通改善:
    ヨーグルトにオリゴ糖を合わせることで便通改善、膨張感や肌荒れの解消につながります。
  • おなら:
    善玉菌を増やすサポートをするので悪玉菌が減っておならが臭くなくなる。
  • 腸の炎症や免疫力を高めるのに必須のビフィズス菌を増やす

ちなみに、オリゴ糖には、消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖の2つがあります。このうち小腸で溶けないのは大腸まで届くのは難消化性オリゴ糖なので、難消化性のオリゴ糖がオススメです。

下記のオリゴ糖は、消費者庁も整腸作用の効果を認定しているので安心して使えます。


※消費者庁の資料より抜粋

難消化性のオススメのオリゴ糖


下記は、難消化性のオリゴ糖サプリなので、小腸で吸収されないで大腸まで届きビフィズス菌を増やすためのエサになります。

入っているオリゴ糖
オリゴのおかげ

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?

乳果オリゴ糖
特定保健用食品(トクホ)でコスパも良い。甘いのでコーヒーや紅茶に入れやすい。便通改善におすすめ
1,780円
カイテキオリゴ

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖
複数の高純度のオリゴ糖が入っていて無味無臭なので使いやすい。
便通改善におすすめ

3,650円
はぐくみオリゴ

ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース
フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
妊婦さんにおすすめ
3,680円

オリゴ糖の摂取方法


オリゴ糖の摂り方には、先ほどの「ヨーグルト」に入れるのと「コーヒー」や「紅茶」に入れて飲む方法があります。


コーヒーというと腸に悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」は、ビフィズス菌を増加させる役割があります。


その他、腸の運動を活性化させる飲み物


ペパーミント


運動不足で腸が停滞している人は、腸のぜん動運動を刺激して活性化させてあげましょう。ペパーミント(ハッカ)に含まれるメントールが腸への有効成分です。平滑筋の緊張を和らげてくれて、腸の収縮運動を改善するので、便通がちな人にもおすすめです。ポンパドールのペパーミントティーは、味も濃くて香りもあるので、眠くなる午後3時ぐらいに良く飲んでます。

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?


他にも、料理や飲み物にペパーミントの粉をトッピングするのもありです。スーパーにいくと、ペパーミントの粉タイプが売っているので、飲み物のトッピングとして使うとすっきりした風味になります。

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?


シナモン


また、お腹の張りが強い人には、シナモンのトッピングもおすすめです。シナモンの桂皮アルデヒドには、血行を良くして、発汗や整腸に効果があります。漢方でも佳枝加芍薬湯という薬でシナモンが使われているんですね。腸の冷えによる便通、下痢、お腹のガス溜まりによる張りなどの悩みにも効果的です。こちらも、スーパーでシナモンのパウダーが売ってるので飲み物のトッピングとして使ってみてくださいね。

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?


味噌汁


その点、味噌汁なら植物性の乳酸菌なので温度の変化に強いので胃腸の中でも死滅しません。そういった意味では、味噌汁がオススメなのですが、最近は、味噌汁もカルメラ色素などで色を付け、発酵させてない味噌も多く「本当に乳酸菌が入っているのか不明」なものが多いです。特にコンビニにあるレトルトの味噌汁は怪しいので私は信じてません・・・。最低でも数年間は熟成させないと発酵しないはずなので。

ですので、手間がかかりますが、味噌の原材料が「大豆、米(麦)、食塩」のものを選んで、といで飲みましょう。

粉末タイプの乳酸菌飲料


胃酸に強い乳酸菌が入っている飲み物ということで、カルグルトという乳酸菌の粉末飲料です。カルグルトは、小腸に届く乳酸菌「フェリカス菌を分解したLFK」「ガセリ菌」「ラブレ菌」だけでなく、大腸に届くビフィズス菌ビースリー、大腸と十二指腸に届くラクリス-Sの5種類の乳酸菌を配合している点です。普通は、乳酸菌だけ、ビフィズス菌だけという乳酸菌サプリが多いのですが、両方配合してるカルグルトは珍しいです。

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?

小腸と大腸に効く!カルグルトを見る>>


味は薄めのカルピスっぽい風味で、ずっと飲んでると飽きる人もいるかもしれません。粉末タイプなので下記のようにアレンジするのが良いですね。

カプセルタイプの乳酸菌サプリ


ヨーグルトもコーヒーも苦手という人は、胃酸に強いカプセルに入った乳酸菌サプリを飲むのをおすすめします。乳酸菌の中でも、ビフィズス菌のように乳酸菌+酢酸を作り出して腸の殺菌効果があるものが良いでしょう。

下記にまとめましたので参考にしてくださいね。

【機能性表示あり】大腸に良い、ビフィズス菌が入った乳酸菌サプリ

腸の乳酸菌を増やす!小腸と大腸に良いおすすめの飲み物はどれ?ヨーグルトは効果あるの?に関する記事

ページトップ