季節の変わり目に起こる原因不明の体調不良。自律神経を整えて治す

30代後半から良くあるのがこんな原因不明の体調不良です。

  • 胃に違和感を感じる
  • なんだか息苦しくなり呼吸がしづらい
  • 心臓が急にバクバクする
  • 肩こり首こりがひどい
  • 片頭痛がする
  • 右手がしびれたり震える
  • 気分が落ち込むことがある
  • 憂鬱感を感じてだるい

原因が良くわからずに病院にいっても、内科の先生は患者を次から次へと見ているので10分程度で診察が終わったりします。

また、血液検査や内視鏡カメラ、呼吸検査、レントゲンを受けても異常が見つからず、先生にも異常がないといわれて、とりあえず、ロキソニン(鎮痛剤)やデパス(精神安定剤・抗不安薬)などの薬を出されて終わり。

この薬で症状が緩和されることはありますが、デパスは、効果が強すぎるので体への悪影響は少なからずあると思います。

私もそういった症状が季節の変わり目になると出ることがあるのですが、そんな時には、医者の薬には頼らず体の内側と外側の両方から改善する方法でのりきってます。

体の外側から原因不明の体調不良を治す


まず、私が体を外側から原因不明の体調不良を治すために通ってるのがカラダファクトリーのマッサージです。

その中でも、骨格・骨盤調整コースをお願いして、自律神経の乱れ、体の血流やリンパの流れを整えてもらってます。冷え性の改善にもなるのでお勧めです。

初回は安いので、お試しで初回だけ行っても良いと思います。

自分でツボを押してもあまり変化が分かりませんが、整体の先生に施術してもらうと気分的にもかなり違うので楽になれます。

肩こりと自律神経の不調でカラダファクトリーへ。効果はどうなの?>>


体の内側から原因不明の体調不良を治す


よく、自律神経が原因で体調不良になっているという話を聞きますが、なぜかというと、体の全ての機能を調節しているのが自律神経だからです。

自律神経が不調になると、コントロールされている呼吸や血液循環、消化吸収などに異常が出てくるのは当たり前なんですね。

ですので、簡単にいうと自律神経の乱れを整えてあげれば、原因不明の体調不良が治ります。

では、乱れを整えるとは具体的に何かというと、

  • 体を調整する物質セロトニンを増やしてセロトニン神経を活性化させる

です。

ちなみに、セロトニン神経は、

  1. 快楽を作る「ドーパミン」
  2. ストレスなどの不快感を作る「ノルアドレナリン」

この両方をコントロールして、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを保っています。

  • 交感神経は、興奮しているときに動く
  • 副交感神経は、リラックスしているときに動く

しかし、積み重なったストレスなどによりセロトニンが減少すると、セロトニン神経の機能が低下して、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり交感神経が刺激されてしまうんですね。

そして、冒頭で紹介した不安症や動機、片頭痛、肩こりなどの症状がでてきてしまいます。

なので、まずセロトニンを増やして脳内のセロトニン神経を整え、ドーパミンやノルアドレナリンを整えてあげることで、交感神経と副交感神経のバランスが取れます。

季節の変わり目に起こる原因不明の体調不良。自律神経を整えて治す

セロトニンを増やすサプリを見る>>

季節の変わり目に起こる原因不明の体調不良。自律神経を整えて治すに関する記事

ページトップ