酵素の種類と効果

酵素の種類

酵素には、消化酵素と代謝酵素の2つの種類があって、触媒の働きをします。

酵素

一般的には、消化酵素は、胃で消化を助ける役割を持っていて、代謝酵素は、新陳代謝を高めて骨や血液、皮膚などの生成を助けてくれます。

酵素の効果

酵素を摂ることで、消化の促進、体の基礎代謝力や免疫力アップなどの効果があります。

例えば、大根おろしは消化に良いといわれますが、その理由は、大根おろしには、

  • でんぷんの消化酵素「アミラーゼ」
  • タンパク質の分解酵素「プロテアーゼ」
  • 脂質の消化酵素「リアーゼ」

が含まれていて、消化を助けてくれるからなんですね。

生野菜やフルーツにも食物酵素が豊富に含まれているので、生の酵素を摂取して体内の酵素を活性化させていきましょう。

自炊が苦手な人、外食が多い人は、生酵素サプリなどで補助的に酵素を摂るのもおすすめです。

おすすめの生酵素サプリ


ページトップ