【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方

腸内環境を整えるうえで大切なのが、乳酸菌とそのエサになる食物繊維やオリゴ糖です。

【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方


オリゴ糖の効果効能


オリゴ糖を摂ることで「乳酸菌・ビフィズス菌の増殖を促進、整腸作用、腸の炎症疾患の予防と改善効果」などが報告されています。

代表的な効果
  • 便通改善:
    ヨーグルトにオリゴ糖を合わせることで便通改善、膨張感や肌荒れの解消につながります。
  • おなら:
    善玉菌を増やすサポートをするので悪玉菌が減っておならが臭くなくなる。
  • 腸の炎症や免疫力を高めるのに必須のビフィズス菌を増やす

また、オリゴ糖は、イギリスのグレンギブソン教授によってプレバイオティクスに分類され、メリットとして、小腸で分解・吸収されずカスとして残り腸の運動を刺激する、大腸にいるビフィズス菌のエサになって増殖を助ける、大腸の腸内フローラを健康に改善します。

では、プレバイオティクスの条件を見たいした成分はどういったものがあるのか?その成分を見てみましょう。

プレバイオティクスの要件を満たす食品成分

プレバイオティクスの条件を満たした食物繊維


ポリデキストロース、イヌリンは、腸内の善玉菌を増やすだけでなく、糖分の消化を遅らせて、血糖値が上がるのを防ぐ働きもあります。
  • ポリデキストロース
  • イヌリン
    イヌリンを多く含む食べ物には、菊芋、ゴボウ、タマネギ、ニンニク、ニラが挙げられます。

プレバイオティクスの条件を満たしたオリゴ糖


オリゴ糖には、消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖の2つがあります。

このうち小腸で溶けないのは大腸まで届くのは難消化性オリゴ糖なので、難消化性のオリゴ糖がオススメです。

また、オリゴ糖は、腸で分解できません。なので、オリゴ糖を摂ると腸内にとどまって善玉菌のエサになり腸内環境が整います。また、砂糖と違ってほぼ血糖が上がらないので血糖値を気にしている人にもおすすめです。

難消化性のオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
    たまねぎやごぼうなどに多く含まれていて、整腸作用以外に、血糖値の上昇を抑える作用もあるオリゴ糖です。
  • 乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)
    とても甘味があり砂糖に近い(甘味度は砂糖の60%)です。難消化性が高く、ビフィズス菌を増やす効果があるので便通改善も期待できます。
  • ガラクトオリゴ糖
    母乳やヨーグルトに含まれているといわれ、消化吸収を助けるオリゴ糖です。
  • キシロオリゴ糖
    たけのこやとうもろこしに含まれているオリゴ糖です。
  • ラフィノース
    天然のオリゴ糖です。キャベツやアスパラ等に含まれ腸の整腸作用があります。便通改善などに向いています。

消化性のオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
    大豆から作られるオリゴ糖です。
  • イソマルオリゴ糖
    味噌や醤油などに含まれていて料理のお供に使われるオリゴ糖です。

消費者庁が効果を公表しているオリゴ糖の種類


【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方

オリゴ糖でも中には、オリゴ糖もどきもあるため良いオリゴ糖が入った商品を選びましょう。

下記のオリゴ糖は、消費者庁も整腸作用の効果を認定しているので安心して使えます。


※消費者庁の資料より抜粋

難消化性のオススメのオリゴ糖


下記は、難消化性のオリゴ糖サプリなので、小腸で吸収されないで大腸まで届きビフィズス菌を増やすためのエサになります。
入っているオリゴ糖
オリゴのおかげ

【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方

乳果オリゴ糖
特定保健用食品(トクホ)でコスパも良い。甘いのでコーヒーや紅茶に入れやすい。便通改善におすすめ
1,780円
カイテキオリゴ

【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖
複数の高純度のオリゴ糖が入っていて無味無臭なので使いやすい。
便通改善におすすめ

3,650円
はぐくみオリゴ

ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース
フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
妊婦さんにおすすめ
3,680円

オリゴ糖の摂取方法


オリゴ糖の摂り方には、

  • 「ヨーグルト」に入れる
  • 「コーヒー」や「紅茶」に入れて飲む
  • 料理に入れる

方法があります。

オリゴ糖に味はあるの?どれが使いやすい?


オリゴ糖は全部味がないの?と思う人もいるかもしれません。

でも、オリゴ糖によって味があるもの無味のものがあります。

オリゴのおかげは甘くてコーヒーや紅茶、砂糖なしのヨーグルトなどに

まず、オリゴのおかげですが、こちらは甘味があります。砂糖に近い甘みで、コーヒーや紅茶、砂糖なしのヨーグルトに入れるとおいしく飲むことができます。

1本ずつスティックになっているので使い勝手が良く値段も安いので続けやすいです。

オリゴのおかげのレビューと口コミを見る>>


カイテキオリゴは甘くない。料理やみそ汁など色んな用途向け


【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方


カイテキオリゴは、甘さがほとんど感じられないオリゴ糖です。オリゴのおかげをコーヒーに入れて甘すぎるという人はこちらのオリゴ糖がおすすめです。

また、甘さがないため、味噌汁や料理などいろいろな用途に使えますし、赤ちゃんにも優しいオリゴ糖です。

スプーンですくうタイプなので、料理によって分量を分けることもできます。特に便通気味なお年寄りの料理に使うのはオススメです。

カイテキオリゴのレビューと口コミを見る>>


オリゴ糖の純度(割合)

【オリゴ糖】ってどれが良いの?オリゴ糖の効果と正しい選び方


オリゴ糖の純度は、オリゴのおかげが55%で、カイテキオリゴとはぐくみオリゴが100%に近いです。

後者の2つは、高純度の分値段も高いのですが、高純度のオリゴ糖サプリがほしい人はカイテキオリゴか、はぐくみオリゴのどちらかがおすすめです。

ただ、オリゴのおかげは、値段が安いから純度が効果が低くて効果がないわけではありません。

純度が低いといっても、効果の高い乳果オリゴを使っていて、ラフィノースの1.5倍の効果があるというデータがありますので、味やお財布との相談になるかと思います。

その他のオリゴ糖

  • 大豆オリゴ糖
  • ラクチュロース
  • ラクツロース
  • スタキオース
  • パラチノース
ページトップ